脇 脱毛処理後 アロエ化粧水

脇の脱毛処理後はアロエ化粧水を使用して黒ずみケア

30代後半の女性は、大半の方が経験しているでしょう。ワキの黒ずみ・・。
その原因は、10代の頃に自分で処理をしていた、ピンセットを使っての脱毛です。

 

自分で行うと、ムラが出てしまいますし、過剰にワキをピンセットで触れることにより、ワキに傷ができてしまいます。赤いポツポツっとした発疹のようなものが出てきたり、ぷつぷつと黒ずみが部分的にできてしまったり・・。

 

悩んでみても、当時のエステサロンでの脱毛は、大変高額なものでした。
また、ワキの黒ずみに関するコスメなどは、出回っていませんでした。

 

なんとかしたい・・と思われていた方も多いはずです。
そこで、独自にあみだした、ワキの黒ずみ対処法ですが、自分で脱毛をした際、保冷剤で数分冷やします。

 

炎症を起こしてしまった部分を冷やすのです。
冷やしたあとは、化粧水をコットンに含ませて、ワキに当てます。およそ20分くらいでしょうか。

 

アロエの化粧水が効果的でした。
アロエには消炎作用があるので、赤く腫れ上がった部分に効果的です。また、毛穴対策の化粧水を使用しても良いでしょう。脱毛あとは、毛穴が開いてしまいますので。

 

そして、そのあとは、しっかり保湿をすることです。保湿をすることによって、肌がなめらかになります。カミソリやピンセットで、ワキは大変なダメージを受けています。そのワキは、顔以上に丁寧なケアが必要です。

 

ケアを怠ってしまうと、せっかく自己処理でキレイにしても、黒ずみや赤いポツポツができてしまったままでは、水着やノースリーブを楽しむことができません。

 

このように、涙ぐましい努力を20代後半まで行っていたわけですが、近頃は、脱毛サロンが格安になり、ワキを傷めずに脱毛ができますね。

 

赤外線でピリピリ焼くタイプの脱毛処理ですと、まれにやけどのような症状を起こすこともあるので、脱毛サロン後も、アロエ化粧水で、ローションパックを行ったほうが良いかもしれないですね。
それから乳液などで、ワキのざらつきも抑えて、キレイなワキ美人を目指しましょう!